桂文治師匠

なんとあの十一代目桂文治師匠が東院内の出身です。

落語家 11代目 桂文治

本名:岡方靖治 

昭和42年8月 0歳 誕生(宇佐市院内町原口出身)

中学生時代 15歳 独学で落語を勉強し、 特別養護老人ホーム妙見荘などで 落語を披露

昭和61年4月 19歳 十代目桂文治に入門。前座名「桂がた治」

平成2年6月 23歳 二つ目昇進 二代目桂平治を襲名

平成6年度 27歳 NHK新人演芸大会 落語部門で大賞受賞

平成9年 30歳 第7回北とぴあ 若手落語家共演会 北とぴあ大賞受賞

平成10年5月 31歳 第3回林家彦六賞を受賞

平成11年5月 32歳 真打ち昇進

平成21年 42歳 第64回文化庁芸術祭賞 大衆演芸部門に於いて 第60回桂平治独演会『十代目桂文治十八番』で新人大賞を受賞

平成22年10月 43歳 宇佐市観光大使に委嘱

平成23年 44歳 彩の国落語大賞を受賞

平成24年 45歳 彩の国落語大賞を受賞

平成24年9月 45歳 第十一代 桂文治を襲名(桂一門最高位)

桂文治師匠HPへ